一つひとつの治療に真摯に向き合いたい

10年先も見据えた治療を

院長あいさつ

おかげ様で14年目

曽我歯科院三軒茶屋は、本年で14年目を迎えます。以前から当院をご利用頂けている患者さんには心より感謝申し上げます。これからも患者さんの立場に立ち、どんな治療法が最善なのかを一緒に考えていきます。また、新しく世田谷区・三軒茶屋に住まれた方にもより一層お力添え出来るように、スタッフ一同、精進して参ります。今後とも末永いお付き合いを何卒よろしくお願い致します。

院長挨拶

通院中の患者様へ

通院中の患者さんへ

当院をご利用していく中で、質問・相談をしたいという場合はお気軽にお声掛け下さい。「今日はいつからご飯食べていいの?」「仮詰めがとれたらどうしたらいいの?」「予約を変更したいけれど…」。などなど、些細な質問でも構いません。よく頂く質問を掲載していきますので、是非ご覧下さい。

詳しくはこちら

医院紹介

   

 
 

歯科用CTスキャン完備で、より精密な診査・診断の追求を。

曽我歯科医院三軒茶屋では、より精密な診査診断のため院内に歯科用CTスキャンを完備しています。特にインプラント治療などにおいて、治療や手術前のCTスキャンによる診査は不可欠なものです。
人間の顎骨は立体構造をしており、もちろん各患者さんによって全く形が異なります。通常のレントゲン写真だけでは、2次元情報での判断しか出来兼ねるため、情報としては不十分になりがちです。そこで、より安全で正確な治療を行うためにも、より精密に診査できる歯科用CTスキャンが必要となります。

【歯科用CTスキャンの特長】

1:人体への影響を最大限抑えられる。
歯科用コーンビームCTは一般的な医科用ヘリカルスキャンCTのと比較した場合、約8分の1〜50分の1のX線照射量となります。また、得られる画像も高精細です。

2:“上下左右”多様な角度から診査が可能となる。
2次元レントゲン画像と比較しても格段に詳しい情報が得られます。

3:より正確な治療を期待できます。
症例によってはコンピューター技術により、術前に具体的なシミュレーションができます。

新着情報

一覧へ >
2020/05/26NEW
緊急事態宣言の解除を受け、定期検診、クリーニング等の予防処置も含め、当院は通常通り診療しています。検診の間隔が開いた方、痛い、腫れた、噛めないなどの場合は我慢せず、ご連絡ください。
2020/05/13NEW
当院は診療中です。痛い、腫れた、噛めないなどの場合は我慢せず、ご連絡ください。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、診療内容の一部は延期になることがあります。
2020/04/08
緊急事態宣言が発出されましたが、当院では平常通りの診療時間で診療を継続して行います。 痛い、腫れた、噛めない等の症状のある患者様は我慢せずにまずお電話にてご連絡ください。 ※治療内容は口腔内の状況に応じて延期・変更されることがあります
2020/03/01
新型コロナウイルス感染症につきまして

PageTop